【抜け毛 女性ホルモン】

抜け毛と女性ホルモン

男性の抜け毛が男性ホルモンとの関係が深いように、女性の抜け毛は、女性ホルモンとの関係が深いと言われているのをご存知でしょうか。出産後や更年期になると、情緒不安定になり、イライラ感やストレス、不眠などから抜け毛になることがあります。

出産前後は女性ホルモンの分泌量が急激に変化して、一時的に抜け毛になることはあっても、出産が終わり、しばらくすればほとんどの方が自然におさまります。更年期は、とくに年齢は決められていませんが、閉経前後の5年間で、人それぞれ個人差はありますが、45歳 〜 55歳の10年間と言われています。

更年期になると、女性ホルモンの分泌量が急激に減少して、月経の周期にも変化がみられるようになります。お肌にも変化があらわれるようになり、さらには抜け毛が増えたり、薄毛が目立つ人もいます。更年期になると、倦怠感やめまい、ヒステリーといった症状に悩む女性は多いですが、女性ホルモンが減少して男性ホルモンが増えて、男性型の脱毛になる人も少なくありません。

女性にも男性ホルモンは分泌されており、男性型脱毛は、額の生え際から頭のてっぺんの部分にかけて、髪が少なくなり、抜け毛が増えて薄毛が目立つようになります。これとは別に、女性特有のびまん性脱毛になり、髪全体のボリューム感がなくなり、地肌が透けて見える人もいます。

40代になると少しずつ卵巣機能が衰えて、確実に閉経に近づいていきます。倦怠感やめまいといった不快な症状がなんとなく続き、とくに病気にかかったわけではないのに、すっきりしない体調が続くことがあります。女性ホルモンの影響で抜け毛や薄毛になると、それがストレスになり、症状が悪化する人もいます。

更年期になると、女性ホルモンの影響により、毛周期にも影響が出て、生えてくる髪質にも変化が生じてきます。若い頃は、髪にハリやコシがあり、太くてしっかりした髪が生えていたのに、少しずつ太くてコシのある髪が少なくなります。

女性ホルモンの影響による抜け毛を防ぐには、ふだんからしっかりとしたヘアケアで対策したいものです。若い頃は、皮脂の新陳代謝が活発なので、洗浄力の強いシャンプーを使っていても、40代以降の女性は、若い頃に比べると新陳代謝も衰えていますので、シャンプーの選び方には注意しましょう。

育毛剤やシャンプーは、低刺激のものを使い、髪や頭皮に潤い成分を補給して、アミノ酸系シャンプーや弱酸性のシャンプー、自然の植物成分が配合されたものを選ぶといいでしょう。育毛剤やシャンプー選びは慎重に行い、頭皮を優しくいたわるようにマッサージするといいでしょう。

女性向け育毛剤!最新人気ランキングTOP5!!

  商品名 料金 内容量 送料 詳細
発毛・育毛ミストM-1 9,800円 200ml 無料 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

新育毛剤
『アンジュリン』
5,200円 120ml 送料無料 詳細
バナー原稿 468×60_a (101201)imp
>>>公式申し込みページへ進む

リリィジュ 4,935円 75ml 送料無料 詳細
バナー原稿 468×60 (110620)imp
>>>公式申し込みページへ進む


▲このページの上部へ

© 2011-2015 抜け毛女性向け育毛剤ランキング